SecurityInsight | セキュリティインサイト

GRCS、クラウド型WAFのマネージド・セキュリティ・サービス取り扱いを開始

GRCSは8月30日、ソフトバンク・テクノロジーと協業し、クラウド型ウェブアプリケーションファイアーウォール(以下、WAF)の「Imperva Incapsula」およびSBTによる「マネージド・セキュリティ・サービスfor Imperva Incapsula」の取り扱いを開始することを発表した。大規模なDDos攻撃にも対応可能なImperva Incapsulaにより、Webアプリケーションのセキュリティを強固にするだけでなく、セキュリティ専門家による運用・監視によって企業のセキュリティ対策運用負荷を軽減するとしている。

「Imperva Incapsula」は、世界中に配置したImperva社のシステムを活用した、WAF、DDos攻撃対策、DR(グローバルロードバランス)、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)機能を有するクラウド型のセキュリティサービス。クラウドサービスを利用するユーザーやユーザーが運営する公開システムを外部攻撃者の不正なアクセスから守る。

「マネージド・セキュリティ・サービスfor Imperva Incapsula」では、SBTのセキュリティアナリストが24時間365日ユーザーにかわってクラウドWAFを運用・監視。攻撃通信のブラック・ホワイトリスト管理や誤検知解除などの適切なチューニングと、より高いレベルへの改善活動による運用・監視を実施することにより、セキュリティレベルの維持・向上と、最新の脅威に対応した最適なセキュリティ対策を提供する。
 

関連リンク

プレスリリース