SecurityInsight | セキュリティインサイト

EMCジャパンとケイズ、企業向けサイバーセキュリティ対策で提携

EMCジャパンとケイズは11月1日、RSAの「RSA NetWitness Endpoint」を活用したエンドポイント フォレンジック向けの監視サービス「K’s EDRサービス」の提供で提携することを発表した。ケイズが「RSA NetWitness Endpoint」を使用したMSSP(Managed Security Service Provider)として、企業や官公庁等向けにリアルタイムでエンドポイントを監視する「K’s EDRサービス」を提供開始する。

「K’s EDRサービス」は、顧客企業のエンドポイント(従業員のPC)をケイズのセキュリティアナリストがリモートで監視するサービス。エンドポイントにインストールされた「RSA NetWitness Endpoint」を利用して監視し、マルウェアあるいは不審なプログラムやプロセスを検知、緊急時の初動対応を行なう。

これにより、セキュリティ人材不足のために自社のIT部門でセキュリティ対策が困難な企業、官公庁、地方公共団体、団体も、管理負荷を高めることなく最新技術による対策が可能となるとしている。
 

関連リンク

プレスリリース