SecurityInsight | セキュリティインサイト

マカフィー「モバイル脅威レポート 2019」を発表

マカフィーは2月26日、「モバイル脅威レポート 2019」を発表した。レポートでは、サイバー犯罪者が違法な利益を追求したことで2018年に劇的に増加した、バックドア、不正な暗号化、偽アプリ、金融機関を狙うトロイの木馬などについて報告している。最も注目すべきことは、McAfee GTIによる偽アプリの検出数が、2018年6月の10,000件から同年12月には65,000件近くに増加したことだったとしている。

「モバイル脅威レポート 2019」では、次のようなトレンドを予測している。

・偽アプリの増加
Fortniteは世界を席巻し、世界中で2億人以上のプレーヤーを抱え、6,000万人以上のユーザーがそのアプリをダウンロードしているが、さまざまなバージョンのゲームになりすました偽のアプリが存在している。

・犯罪者はモバイルのバックドアから侵入
以前から存在はしているが、2018年には2倍以上のモバイルバックドアをリードするファミリーとなったTimpDoorの影響が大きく見られた。また、SMSを介したフィッシングが未知のアプリケーションをユーザーにインストールさせ、ユーザーを騙すのに依然効果的であることを示した。

・世界的に急増する継続的な金融脅威
サイバー犯罪者は、SMSメッセージのフィッシングから、不正なペイロードを取得してアプリ市場でのセキュリティチェックを回避できる偽アプリまで、さまざまな配布方法で脅威を進化させている。

・モバイルでの仮想通貨マイニング
Androidベースのデバイスの人気によりそれらがターゲットにされるだけでなく、最新の仮想通貨マイニング技術は、利用者の環境全体を感染させるために携帯電話やタブレットからスマートTVにまで影響を及ぼす。

・モバイルに対するスパイウェア攻撃が急増
脱北者をターゲットにしたRedDawn、およびおそらくイスラエルのFIFAワールドカップファンをターゲットにしたFoulGoalなど、モバイルデバイスは依然として機密情報を収集し、被害者を追跡するために、犯罪グループにとって魅力的なターゲットとなっている。

・自宅でのIoT攻撃のリスクの増加
IoTデバイスの普及により、自宅への攻撃の可能性のリスクも増大している。
 

関連リンク

プレスリリース