SecurityInsight | セキュリティインサイト

アズジェント、無害化ソリューション「Votiro Disarmer」をバージョンアップ

アズジェントは2月28日、同社の無害化ソリューション「Votiro Disarmer」をVer.8.2にバージョンアップし、管理機能を大幅に強化したことを発表した。主な内容は以下のとおり。

・無害化ポリシー設定の簡易化
管理画面をGUI化することでファイルタイプによるアクション(無害化する、無害化しない、ブロックする等)が簡単に設定することができる。特定のメールアドレスから添付ファイルを受信した際には無害化を行なわないといった例外処理も行なうことができる。

・無害化状況を可視化
ポータル画面で無害化処理したファイル数、ファイルタイプ、無害化処理時間の平均時間といった統計状況を表示することで、組織内の無害化状況を簡単に把握できる。

・Zero-day Detection
無害化したファイルのオリジナルファイル(アーカイブされた無害化前ファイル)を最新のウイルス定義ファイルで定期的に再スキャンし、マルウェアが検知された場合、管理画面に表示。管理者はVotiro Disarmerが防いだゼロデイ攻撃を把握することができる。

・パスワード付き圧縮ファイル対応
パスワードによって保護されたファイル(単体ファイル、メール添付ファイルを含む)をDisarmerに取り込む際、ユーザーが表示される画面に復号用のパスワードを入力することで、このようなファイルを解凍して無害化する。

・URLレピュテーション機能
ファイル(Word、RTF、PDF)内にURLが記載されている場合、URLのリンク先を外部データベースと照合、リンク先がフィッシングサイトやマルウェア感染のリスクの高いサイトであれば、ファイルをブロックし、その理由を説明するPDFを受信者に送付する。

・対応ファイルタイプの追加
日本独自のCADフォーマットJWW、およびSXF(SFCとP21)に対応。

・製品のアーキテクチャ変更により、無害化プロセスの処理パフォーマンスおよび安定性が向上。

 

関連リンク

プレスリリース