SecurityInsight | セキュリティインサイト

JPCERT/CC、Adobe AcrobatおよびReaderの脆弱性に関して注意喚起

JPCERT/CCは4月10日、アドビからAdobe AcrobatおよびAdobe Acrobat Readerに関する脆弱性が公開されたとして、注意喚起を行なった。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザーが開いた場合、実行ユーザーの権限で任意のコードが実行されたり、情報が窃取されたりする恐れがある。

対象となる製品とバージョンは次のとおり。

・Adobe Acrobat Reader DC Continuous(2019.010.20098)およびそれ以前(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30127)およびそれ以前(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat Reader DC Classic 2015(2015.006.30482)およびそれ以前(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat DC Continuous(2019.010.20098)およびそれ以前(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30127)およびそれ以前(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat DC Classic 2015(2015.006.30482)およびそれ以前(Windows, macOS)

上記のバージョンを以下の最新のバージョンに更新するよう呼びかけている。

・Adobe Acrobat Reader DC Continuous(2019.010.20099)(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30138)(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat Reader DC Classic 2015(2015.006.30493)(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat DC Continuous(2019.010.20099)(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30138)(Windows, macOS)
・Adobe Acrobat DC Classic 2015(2015.006.30493)(Windows, macOS)
 

関連リンク

プレスリリース