SecurityInsight | セキュリティインサイト

KPMGコンサルティング、サイバーブランドリスク対処支援サービス提供開始

KPMGコンサルティングは6月19日、インターネット上のさまざまなメディアやコンテンツによるブランド毀損リスクである「サイバーブランドリスク」の発見・対処を行なう「サイバーブランドリスク対処支援サービス」の提供を開始したことを発表した。

このサービスでは、現在発生しているサイバー攻撃や被害などの脅威情報のうち、ブランド毀損につながるサイバーブランドリスクのモニタリング、収集した情報の分析・評価のレポーティング、企業におけるリスクを未然に防ぐための助言を提供、さらに検知されたサイバーブランドリスクをもたらす脅威源に対してテイクダウン(停止措置)の実行までワンストップで支援する。

KPMGの業界知見に基づき独自に開発した解析エンジンを用いることで、ダークウェブを含むさまざまな情報ソースをトータルでモニタリングすることが可能。そのため、自組織だけでなく、外部委託先や仕入先などのサプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)、投資先のバックグラウンドチェック、M&Aなどのデューデリジェンスへの活用といったサードパーティの外部環境への適用も可能となっている。

■「サイバーブランドリスク対処支援サービス」の内容
◯レポーティング
 ・任意のタイミング(日次・週次・月次など)で提供
 ・緊急性の高い脅威に対しては、リアルタイムに情報を提供
◯脅威への対策支援
 ・KPMGが擁するサイバーセキュリティやSNSの専門家による脅威への対策に関する助言
 ・専門ベンダーとの連携によるテイクダウン(停止措置)支援

 

関連リンク

プレスリリース