SecurityInsight | セキュリティインサイト

ラック、サポート終了製品の延命支援サービスの提供を開始

ラックは6月27日、サポート終了を間近に控えた「Windows Server 2008」を利用するユーザーに対して、マイクロソフト社のクラウド環境へ移行し3年間の延命を実現する「セキュリティ診断付Azure移行支援サービス」の提供を開始することを発表した。

「セキュリティ診断付Azure移行支援サービス」は、オンプレミス環境もしくは他のクラウド環境からAzure環境への移行の計画と実施をサポートするもので、複数サーバーを連携して稼働するシステム全体の移行も対応する。また、クラウドへ移行したシステムのセキュリティ診断を行ない、クラウド利用のセキュリティ上の懸念を解消する。

■サービス内容
システムやネットワーク構成を把握し、計画策定から移行作業、簡易的なセキュリティ診断を実施の後、運用支援を行なう。

◯計画フェーズ
オンプレミス環境で動作するシステムを、Azureへ移行する計画を立てると同時に、コスト試算をする。

◯移行フェーズ
事前に計画したシステムをAzure環境へ移行する作業を行なう。移行に際しては、リフトアンドシフトを行なうツールを活用しスピーディーに作業する。また、移行後のオペレーティングシステムなど基本的な動作確認を行なった後、簡易的なセキュリティ診断を行なう。

◯支援フェーズ
移行完了後に、移行作業で使用した一時的な作業領域を廃棄し、また1週間を目途に運用の伴走を行ない、安定したシステム運用を支援。

◯オプションサービス
移行したシステムに合わせ、クラウドを利用する際に発生するさまざまな疑問に関して、サポートサービス窓口を用意。また、クラウド環境でのセキュリティ対状況を調べるセキュリティ診断サービスを提供。「Windows Server 2008」をアップグレードするなど、移行計画についても支援する。

 

関連リンク

プレスリリース