SecurityInsight | セキュリティインサイト

マカフィー、2019年の10大セキュリティ事件ランキングを発表

マカフィーは12月17日、2019年の10大セキュリティ事件を発表した。これは、同社が国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に実施した「2019年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果を基にしている。

調査結果を基にランク付けした2019年の10大セキュリティ事件は以下のとおりとなっている。

順位 セキュリティ事件(時期):認知度(%)
1.
セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・ペイが運営するバーコード決済サービス「7pay」の一部アカウントへの不正アクセスを確認。経緯とともに同サービスの廃止を発表(7月~10月):63.9%

2.
ヤマト運輸が提供するクロネコメンバーズのWebサービスにて外部からパスワードリスト攻撃による不正ログインが判明(7月):36.4%

3.
通信機器でスパイ行為をしているとの指摘を受け、次世代通信規格5Gネットワーク建設で、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器に対して、安保上の理由から締め出し強化(5月):34.0%

4.
会員制交流サイト(SNS)に投稿された顔写真の瞳に映った景色を手掛かりに、アイドル活動をしている女性の住所を特定し、わいせつな行為をしたとして男が逮捕、起訴(10月):33.4%

5.
5億4000万件以上のFacebookユーザーの情報を含むデータセットが、Amazon Simple Storage Serviceのバケットからダウンロード可能な状態で公開されていたことが発覚(4月):29.6%

6.
ゆうちょ銀行をかたり、「『ゆうちょ認証アプリ』による本人認証サービス開始」などの件名で、本文に記載したフィッシングURLからのログインを促す内容のフィッシングメールに対して注意喚起(6月):28.4%

7.
トレンドマイクロの元従業員が顧客情報を盗み出し、第三者に売却したことで米国など海外の最大12万人分の情報が外部に流出(11月):27.3%

8.
スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を使って個人情報を盗み取ろうとする「スミッシング」と呼ばれるサイバー攻撃が激化(4月):25.6%

9.
「宅ふぁいる便」サーバへ不正アクセス、約480万件の個人情報が流出(1月~3月):25.5%

9.北朝鮮 金正恩氏と米 ドナルド・トランプ大統領による首脳会談中にも、北朝鮮のハッカー集団がアメリカや同盟国の企業に対するサイバー攻撃の手を緩めず(2月~3月):25.5%
 

関連リンク

プレスリリース