SecurityInsight | セキュリティインサイト

IDC Japan、「2019〜2023年 国内情報セキュリティ市場予測」を発表

IDC Japanは12月26日、2019年上半期までの実績に基づいたソフトウェアとアプライアンス製品を含めた国内の情報セキュリティ製品市場とセキュリティサービス市場の2019年から2023年までの予測を発表した。その概要は以下のとおり。

2019年の国内情報セキュリティ製品市場において、ソフトウェア製品の市場規模は前年比3.8%増の2,638億円で、そのうちSaaS型セキュリティソフトウェアの市場規模は前年比14.5%増の325億円と予測。セキュリティアプライアンス製品の市場規模は前年比2.6%減の536億円と予測している。また、2019年の国内セキュリティサービスの市場規模は、前年比4.9%増の8,275億円と予測している。

国内セキュリティソフトウェア市場の2018年~2023年における年間平均成長率(CAGR)は3.4%で、市場規模は2018年の2,541億円から2023年には2,997億円に拡大すると予測。特にSaaS型セキュリティソフトウェア市場は、IT環境のクラウドシフトが進むことでクラウドサービスを安心安全に活用するためのクラウドセキュリティへのニーズが高まり、SaaS型セキュリティソフトウェア市場は、2018年~2023年のCAGRは13.0%で、市場規模は2018年の283億円から2023年には521億円に拡大すると予測している。

国内セキュリティサービス市場は、クラウドシフトによってクラウド環境へのセキュリティシステムの構築や運用管理サービスの需要拡大と重要社会インフラ事業者でのセキュリティサービスのニーズの高まりで、2018年~2023年のCAGRは4.4%で、市場規模は2018年の7,890億円から2023年には9,794億円に拡大すると予測する。

2020年の東京オリンピック/パラリンピックではサイバー攻撃の増加が見込まれている。サイバー攻撃は高度化が進み、検知されにくい攻撃手法が開発されており、未公表の脆弱性を突くゼロデイ攻撃や未知の脅威に対するセキュリティ対策も高度な分析が必要になっている。しかし、セキュリティ専門技術者の人材不足で、サイバー攻撃によって発生するセキュリティインシデントへの対応が難しく、重大なインシデントを見逃す恐れも生じている。

 

関連リンク

プレスリリース