SecurityInsight | セキュリティインサイト

IIJ、「IIJ Firewall Management Service」の海外展開を開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月8日、海外8か国で提供しているクラウドサービスやネットワークサービスを、海外で本格的に展開することを発表した。まずは、IIJが日本国内で提供するファイアウォールの運用管理サービス「IIJマネージドファイアウォールサービス」を、日系企業および現地企業向けに仕様を最適化して販売する。インドネシアを皮切りに、ASEAN地域にあるIIJグループの現地法人からサービスを提供する予定。

提供するのは、IIJの海外現地法人がサービスプロバイダーとして、海外の顧客にIIJと同品質のサービスを月額で提供するマネージド型のファイアウォールサービス。このサービスでは、顧客のサイトにあるファイアウォール機器に対して、日本にあるIIJの監視システムからハードウェア監視、通信異常の検知(アノマリ検知)を行なう。

海外現地法人のエンジニアが、障害対応や月次報告書の作成までワンストップでサービス提供し、さらにサービスの導入支援や障害対応(オンサイト作業含む)なども実施する。
 

関連リンク

プレスリリース