SecurityInsight | セキュリティインサイト

英国ソフォス、「Intercept X for Mobile」を発表

英国ソフォスは1月14日、Chrome OSデバイス向けの新しいセキュリティ機能を実装し、AndroidおよびiOSデバイスのためのモバイル脅威防御機能を向上させた「Sophos Intercept X for Mobile」を発表した。

ソフォスは同日、調査レポート「Fleeceware Apps Persist on the Play Store」Play Storeに巣くうフリースウェアアプリ)」(英語)も発表。このレポートでは、無料で入手できる、あるいは安価なアプリであっても、そのアプリに付属する一般的な機能を使用したユーザーに、過剰な利用料金を課すフリースウェアアプリケーションに関する新事実について、詳しく説明している。

「Intercept X for Mobile」は、Windows、macOS、およびサーバー向けのIntercept Xで使用されているのと同じディープラーニングマルウェア対策技術を活用し、既知のマルウェアや過去に検出されたことのないモバイルの脅威からユーザー、デバイス、およびデータを保護する。また、インターフェイスが刷新されており、簡単にセキュリティを管理でき、障がいのあるユーザーのためのアクセシビリティ機能も向上している。

・デバイスセキュリティ:
セキュリティ侵害の兆候を継続的に監視し、ユーザーとIT管理者に対して警告するため、問題を迅速かつ自動的に修正し、企業リソースへのアクセスを防止できる。コンプライアンスチェック機能によって、ジェイルブレイク、ルート化、オペレーティングシステムのバージョンなどを検出し、違反があった場合に、ユーザーおよびIT管理者に通知し、対策を自動的に実行する。

・ネットワークセキュリティ:
疑わしいアクティビティのネットワーク接続をリアルタイムで監視し、ユーザーおよびIT管理者に中間者攻撃(MitM)の恐れがあることを警告。WebフィルタリングとURLチェックにより、既知の不正なサイトへのアクセスを停止し、不適切なコンテンツからユーザーを保護し、SMSフィッシングを検出し、悪意のあるURLを検出する。

・アプリケーションセキュリティ:
デバイスにインストールされた悪意のある疑わしいアプリケーションを検出し、マルウェア、ランサムウェア、およびフリースウェアなどの潜在的に不要なアプリから保護。Sophos MobileやMicrosoft Intuneなどの統合型エンドポイント管理(UEM)ソリューションと連携するため、管理者は条件付きのアクセスポリシーを作成し、脅威が検出された時にアプリケーション、データ、企業リソースへのアクセスを制限できる。

・Chromebookセキュリティ:
新しいChromebook向けのセキュリティ拡張機能によって、Chrome OSユーザーを不適切で悪意のあるWebコンテンツから保護し、アプリのホワイトリストとブロックリストを提供し、IT管理者がデバイスの状況と構成を報告できるようにする。
 

関連リンク

プレスリリース