SecurityInsight | セキュリティインサイト

マクニカ、セキュリティサービスを提供するS&Jを関係会社化

マクニカは2月20日、サイバー攻撃に対するコンサルティング、運用、監視等のセキュリティサービスを提供するS&Jの株式の約58%を取得し、関係会社化したことを発表した。

これにより、S&Jとマクニカネットワークスとの連携を強化。S&Jが強みとしているセキュリティ経営アドバイザリーサービス(インシデント発生時に経営レベルで必要なアクションのマネジメントなど)およびセキュリティ監視・運用サービスと、マクニカネットワークスが強みとしている脅威インテリジェンス(攻撃者や攻撃に関する核心的な情報)、および両社の技術力を統合することにより、以下のような、経営レベルから技術レベルまでに対応したセキュリティ運用監視サービスを提供する。

●セキュリティ経営アドバイザリーサービス
経営リスクとして求められるセキュリティ対策のレベルを、個社の事情に合わせてアドバイスし、有事の際は迅速かつ適切な対応を進めるためのアドバイスを行なう。従来の技術的なアドバイザリーと異なり、経営層のサイバーリスクマネジメントの右腕となる。

●脅威インテリジェンス
脅威インテリジェンスを活用し、高度な攻撃への対策、対応を行なう。
 

関連リンク

プレスリリース