SecurityInsight | セキュリティインサイト

ITR、2019年度のSIEM市場規模の推移と予測を発表

アイ・ティ・アール(ITR)は2月27日、国内のSIEM(セキュリティ情報イベント管理)市場規模推移および予測を発表した。その概要は以下のとおり。

国内SIEM市場の2018年度の売上金額は57億円、前年度比16.3%増となった。これまではコンプライアンス支援としての導入が主だったが、サイバー攻撃対策やインシデント・レスポンス対応だけでなく、SOC(Security Operation Center)支援ソリューションとしても導入が進み、高成長につながっている。

近年では、IT運用の自動化ツールとしてシステムの障害予兆・検知など新たな需要も発生し、2019年度は同27.0%増が見込まれ、CAGR(2018~2023年度)は12.6%を予測している。

同レポートには、エンドポイント暗号化、IRM、メール誤送信防止、データベース監査・保護、統合ログ管理、SIEM、ネットワーク・フォレンジック、NDR/UEBAの全8分野を対象に、国内46ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績および2023年度までの売上げ予測を掲載している。
 

関連リンク

プレスリリース