SecurityInsight | セキュリティインサイト

Box Japan、Box Shieldの新機能「マルウェアの自動検知と制御」を提供開始

Box Japanは4月17日、Box上に保存したコンテンツを従業員による過失やサイバー攻撃などの情報漏洩から保護するセキュリティソリューション「Box Shield」に、マルウェアの自動検知および制御をサポートする新機能を実装することを発表した。

この新機能により、Box上でマルウェアが検知された際に、エンドユーザーへのアラート、悪意あるファイルのダウンロードや共有の制限、ITおよびセキュリティの担当部門への通知が自動的に行なわれる。

新機能がBox Shieldに追加されることで、具体的には次のことが可能になる。

・エンドユーザーにセキュリティリスクの存在のアラートを出すと同時に、Box内のファイルの安全なプレビューとオンライン編集を可能にする

・悪意あるファイルのダウンロードや共有を自動的に制限し、他のユーザーやデバイスへの拡散を防止する

・Boxにアップロードされたファイル内にマルウェアを検知した時点で、セキュリティ担当部門へアラートを出す
 

関連リンク

Box Japan