SecurityInsight | セキュリティインサイト

トレンドマイクロ、2020年事業戦略を発表

トレンドマイクロは5月27日、2020年の事業戦略を発表した。その概要は以下のとおり。

同社はリモートマネジメント時代におけるカスタマーサクセスを実現するために、2020年は以下の3つの分野に注力する。

1.DXを推進するクラウドセキュリティの拡張
複雑に多様化するクラウド環境を保護するために、オープンソースソフトウェアの脆弱性チェックを提供するsnykとのパートナーシップ締結やクラウドセキュリティの状態管理を提供するCloud Conformityの買収により、クラウドセキュリティを拡張する。仮想マシン、ネットワーク、コンテナ、クラウドストレージ、サーバーレス向けのセキュリティサービスに、クラウド環境の設定不備をスキャン・可視化するサービスを含め、クラウド環境の保護に必要な6つのセキュリティを一元管理できる新ソリューションを「Trend Micro Cloud One」ブランドとして6月1日から日本国内で順次提供開始し、企業や組織のDX推進を支援する。

2.SaaSモデルへの移行加速とクロスレイヤーで脅威を検知し対処するTrend Micro XDRの提供
従来エンドポイントで提供していたサイバー攻撃の事前予防と事後対処をメール、サーバー/クラウド、ネットワークに拡張し、Trend Micro XDRを提供する。各々のレイヤ―で検知した脅威や侵入の痕跡を、Trend Micro Smart Protection Networkを活用して相関的に分析することで、サイバー攻撃の全体像と対処が必要な対象を可視化し、より迅速なサイバー攻撃への対応ができる。Trend Micro XDRは「Trend Micro Apex One SaaS」「Trend Micro Cloud One – Workload Security」「Trend Micro Cloud App Security」「Deep Discovery Inspector」などの製品により実現する。

3.IoT関連ビジネスの推進強化
トレンドマイクロは引き続き「コネクテッドコンシューマー」「コネクテッドカー」「スマートファクトリー」領域に注力し、最適化したセキュリティソリューションを提供する。さまざまなIoT分野での活用が想定される5G環境において必要とされるセキュリティを通信事業者やシステムインテグレーターと協業し提供する。
 

関連リンク

プレスリリース