SecurityInsight | セキュリティインサイト

IDC Japan、国内モバイル/クラウドセキュリティ市場予測を発表

IDC Japanは8月18日、国内の企業向けモバイルセキュリティ市場とクラウドセキュリティ市場の2020年から2024年までの予測を発表した。その概要は以下のとおり。

国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.4%で、市場規模(売上額ベース)は2019年の92億円から、2024年には138億円に拡大すると予測。

リモートワークの普及拡大によって企業でのモバイルデバイスの利用が拡大することで、モバイルデバイスを標的とするマルウェア対策だけでなく、モバイルアプリケーションへのアクセス管理や生体認証、リスクベース認証などを組み合わせた多要素認証といったモバイルアイデンティティ/アクセス管理、モバイルアプリケーションの脆弱性管理への需要が拡大するとIDCではみている。

国内クラウドセキュリティ市場の2019年~2024年のCAGRは14.6%で、市場規模は2019年の137億円から、2024年には272億円に拡大すると予測。社外から直接インターネットにアクセスする「ローカルブレイクアウト」によるパブリッククラウドの利用が加速するとみられ、パブリッククラウドサービスへのアクセスコントロールであるクラウドシングルサインオンやクラウドセキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策がさらに拡大するとIDCは考えている。

また、クラウド環境の利用が加速することで、柔軟な分散アプリケーション環境を実現するために、コンテナ化されたクラウドネイティブアプリケーションの開発/展開/運用が拡大するとみており、コンテナ環境上で動作するアプリケーション監視やアクセス制御、コンテナ管理へのアクセス管理といったコンテナ環境へのセキュリティ対策もクラウドセキュリティの重要な要素になるとIDCは考えている。

COVID-19の影響による全社的なリモートワークによって、モバイルデバイスからのVPN経由の社内ネットワークアクセスでパフォーマンスの劣化が顕在化し、インターネット回線から直接パブリッククラウドサービスにアクセスさせるケースが増えている。特に文書ファイルやプレゼンテーションファイルなどのコンテンツを共有するコラボレーティブワークスペースではクラウドシフトが加速し、モバイルデバイスからの活用が広がっている。

企業や組織は、個人情報や機密情報などが含まれるコンテンツなどのデータを安心安全に活用できるワークスペースの構築が求められる。そのためモバイル環境とクラウド環境の両面において外部脅威対策だけでなく、脆弱性管理やセキュリティポリシーの一元管理、アクセス管理など総合的なセキュリティ対策が必要となる。
 

関連リンク

プレスリリース