SecurityInsight | セキュリティインサイト

ITR、CASB運用監視サービス市場規模推移および予測を発表

アイ・ティ・アール(ITR)は12月8日、クラウドセキュリティ対策として成長を続けている国内のCASB(Cloud Access Security Broker)運用監視サービス市場規模推移および予測を発表した。その概要は以下のとおり。

CASB運用監視サービス市場の2019年度の売上金額は3億4,000万円、前年度の2.4倍に急成長した。

CASBを導入することにより、クラウド利用時のデータ保護、可視化、コンプライアンス、脅威防御などを担保し、セキュリティリスクへの対処が可能になる。しかし、専任要員の不足などから自社ではCASBを運用しきれていない企業が多いのが実情となっている。

そこで、CASBを構築・販売しているベンダーが、CASB運用監視サービスをメニュー化し、セットで提案するケースが一般化しつつある。同サービスの提供ベンダーは増加しており、本格的な市場形成が期待されることから、2020年度は引き続き2倍以上の伸びにより7億円に達すると予測している。
 

関連リンク

プレスリリース