SecurityInsight | セキュリティインサイト

総務省、Emotetに感染している機器の利用者に対して注意喚起を実施

総務省は2月19日、Emotetに感染している機器の利用者に対して、インターネットサービスプロバイダー(ISP)から注意喚起を行なう取り組みを実施することを発表した。

この取り組みは、総務省、警察庁、ICT-ISACおよびISP各社が連携して実施する。注意喚起対象となる機器の利用者に対して、総務省が設置しているNOTICEサポートセンターが、ウェブサイトや電話による問合せ対応等を通じて必要な対策を案内する。

ただし、ISPやサポートセンターから、費用の請求や、設定しているパスワードを聞き出すことはないとしている。

 

関連リンク

プレスリリース