SecurityInsight | セキュリティインサイト

IPA、ブラウザーの通知機能から不審サイトに誘導する手口について解説

IPA(情報処理推進機構)は3月9日、「安心相談窓口だより」においてブラウザーの通知機能から不審サイトに誘導する手口について解説を行なった。

IPAでは、パソコンやスマートフォンでブラウザーを起動中に「<コンピューターが危険にさらされている><携帯をクリーンアップしてください>などのメッセージが繰り返し表示される」、またその表示画面から「不審なセキュリティソフトの購入や、不審なスマートフォンアプリのインストールに誘導された」といった相談が寄せられているという。

「安心相談窓口だより」では、このような相談に関して、ブラウザーの通知機能を悪用して偽の通知を表示させ、不審サイトに誘導する手口を確認しているとして、今回確認した手口と対処、被害にあわないための対策について解説している。

 

関連リンク

安心相談窓口だより