SecurityInsight | セキュリティインサイト

ITR、DDoS攻撃対策市場規模推移および予測を発表

アイ・ティ・アール(ITR)は4月20日、国内のDDoS攻撃対策市場規模推移および予測を発表した。その概要は以下のとおり。

DDoS攻撃対策市場の2019年度の売上金額は51億1,000万円、前年度比11.1%増となった。

昨年来のコロナ禍のテレワークに伴うクラウドサービスやeコマースの利用者が増加しており、サービス提供事業者は増大するトラフィックに対応すべく、ネットワーク回線を増強している。しかし、ネットワーク回線の大容量化・高速化は、DDoS攻撃の大規模化を誘発しており、攻撃を受けた場合の被害は甚大となり得る。

さらに、ダークウェブから攻撃ツールを入手すれば、専門知識がなくても簡単に発見しづらい巧妙なDDoS攻撃や執拗なDDoS攻撃が可能なため、DDoS攻撃対策への必要性が一段と高まっている。このような動きから、2020年度は前年度比14.9%増と前年度を上回る伸びを予測している。
 

関連リンク

プレスリリース