SecurityInsight | セキュリティインサイト

マクニカネットワークス、「Attack Surface Managementサービス」をリリース

マクニカネットワークスは6月23日、外部公開アセットの発見を行ない対処・是正に向けたアドバイスをする「Attack Surface Managementサービス」の提供を開始することを発表した。

このサービスでは、サイバー攻撃の手法を熟知したスペシャリストが、攻撃者と同じ観点で、依頼企業の本社とグループ会社のドメインから、関連ドメイン、IPアドレスのつながりなどをたどることで、その企業の関連資産の洗い出しを行なう。

ツールのみに依存しないマニュアルでの調査を基本としており、企業自身が把握できていないドメイン・野良サーバーや海外拠点含めた資産について、網羅性の高い洗い出しが可能となっている。また、調査結果は同社が保有する日本の組織を狙う脅威や脆弱性に関する脅威動向を踏まえた現実的なリスクを報告する。
 

関連リンク

プレスリリース