SecurityInsight | セキュリティインサイト

IPA、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」を公開

IPA(情報処理推進機構)は8月17日、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」を公開した。

「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」は、サイバーセキュリティの実践状況を企業自身がセルフチェックで可視化するための「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」ベースのWebサービス。自社のサイバーセキュリティ対策状況を定量的に把握することで、サイバーセキュリティに関する方針の策定、適切なセキュリティ投資計画の策定等が可能となる。

このツールは、2020年3月に公開したβ版のユーザー企業へのヒアリング結果等を踏まえ、同業種平均との比較、対策が不十分な場合の参考情報の提示」、回答のヒントなどを追加・更新して正式版としたものとなっている。オフラインツールである「サイバーセキュリティ経営可視化ツール(比較シート)」を使用することで、グループ企業での比較を行なうことも可能。

対象利用者は、原則として従業員300名以上の企業・組織としている。
 

関連リンク

情報セキュリティ