SecurityInsight | セキュリティインサイト

SDKI、調査レポート「世界のマルウェア分析市場 予測2022―2030年」を発刊

SDKIは11月12日、調査レポート「世界のマルウェア分析市場 予測2022―2030年」を発刊したことを発表した。 SDKIは11月12日、調査レポート「世界のマルウェア分析市場 予測2022―2030年」を発刊したことを発表した。レポートでは、業界の新ビジネスチャンスとともに市場とその成長見通しの完全な評価を提供。さらに、2022―2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率も含まれている。 レポートでは、マルウェア分析市場はコンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織規模別(SME、大企業)、展開別(オンプレミス、クラウドベース)、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)、および地域別に分割。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成される。 また地域としては、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割し、世界のすべての地域をカバー。さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割される。 マルウェア分析市場の主要なキープレーヤーには、Cisco Systems、Palo Alto Networks, Inc.、FireEye、Sophos Group plc、Symantec、Kaspersky Lab、Fortinet、Check Point Software Technologies, Ltd.、Qualys, Inc.、McAfee, LLCなどがありり、この調査にはマルウェア分析市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれている。   関連リンク SDKI