SecurityInsight | セキュリティインサイト

JNSA、「2021セキュリティ十大ニュース」を発表

JNSA(日本ネットワーク・セキュリティ協会)は12月24日、「2021セキュリティ十大ニュース」を発表した。その概要は以下のとおり。

第1位
5月7日 ランサムウェアの被害広範囲に、影響は一般市民にも ~ランサムウェア攻撃の脅威を思い知らされた1年

第2位
3月17日 LINEデータ管理の不備が指摘される ~にわかに盛り上がる経済安全保障の論議

第3位
1月27日 EMOTETテイクダウンの朗報、しかし再燃の動きも 〜国際間協力により完全破壊するも11月には復活

第4位
5月26日 ProjectWEBへの不正アクセスで官公庁等の情報が流出 ~今後のITサプライチェーンの課題は?

第5位
11月26日 みずほ銀行のシステム障害多発に金融庁が業務改善命令 ~日本企業の経営層に求められるITに対する理解

第6位
1月29日 Salesforce設定ミスによる情報流出にNISCが注意喚起 ~クラウド・バイ・デフォルト時代における新たな責任の自覚

第7位
10月21日 NTTと東京オリパラ大会組織委員会、サイバーセキュリティ対策を報告 ~懸念されたサイバー攻撃を防御し、東京オリパラは無事終了

第8位
1月12日 ソフトバンク元社員を不正競争防止法違反で逮捕 ~社員による会社情報持ち出しの抑止力となるか?

第9位
7月28日 「戦争の原因になり得る」とサイバー攻撃に強い危機感 ~対岸は存在しないサイバー空間の攻防

第10位
9月28日 VPN狙い撃ちの被害続く中、米政府堅牢化のガイダンスを公開 ~攻撃は境界型防衛への最後通告か
 

関連リンク

プレスリリース