SecurityInsight | セキュリティインサイト

IDC Japan、最新の国内情報セキュリティソフトウェア市場予測を発表

IDC Japanは2月9日、最新の国内情報セキュリティソフトウェア市場予測を発表した。その概要は以下のとおり。

2021年上半期の国内情報セキュリティソフトウェア市場は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によってビジネスバイヤー/消費者のデジタルシフトが進み、従業員が利用するクライアントデバイスへのマルウェア感染や企業システムへのセキュリティ侵害などへのリスクに対する警戒感が強まった。

また、インターネット経由での企業システム利用やクラウドサービスへのアクセスが増加している現在、エンドポイントセキュリティやID管理の厳格化によるアクセスコントロールを実現するアイデンティティ/デジタルトラストへのニーズが急速に高まっている。

この結果、IDCでは2021年の同市場は前年比成長率14.8%の3,585億3,800万円になると予測。特にアイデンティティ/デジタルトラストソフトウェア市場は前年比成長率19.6%、エンドポイントセキュリティソフトウェアは同15.9%と、2020年の前年比成長率を上回る成長を遂げると予測している。

一方、新型コロナウイルスの影響によって、企業は自宅/サテライトオフィス/リモートサイトからの業務遂行を進めてきたが、VPN機器の脆弱性を狙った攻撃によってVPNを突破される事例や、2要素認証までも突破される事例が発生し、リスク軽減対策としてSaaS型情報セキュリティソフトウェアの需要も高まっている。IDCでは同市場は2021年には前年比成長率21.4%、2,236億8,800万円になると予測している。

IDCでは、企業のDX進行によるデジタルシフトや、新型コロナウイルス後のハイブリッドワークの進行など、国内情報セキュリティソフトウェア市場の拡大は今後も継続すると予測しており、2020年~2025年のCAGRは10.5%となり、2025年の市場規模は5,138億6,000万円になると予測。また、SaaS型情報セキュリティソフトウェア市場はCAGR 14.4%の高い成長率を予測している。
 

関連リンク

プレスリリース