SecurityInsight | セキュリティインサイト

ユニアデックス、「セキュリティー成熟度診断」を無償で提供

ユニアデックスは4月20日、自社ITインフラのセキュリティレベルを可視化する「セキュリティー成熟度診断」を無償で提供開始することを発表した。この診断は、現状のセキュリティ成熟度と目標とすべきレベルとのギャップを可視化し、状況に合わせた対策立案を支援する。国際的なセキュリティ規格を基にした独自の評価基準の診断により、必要な対策が明らかになり、最適なセキュリティ対策が可能になる。

■「セキュリティー成熟度診断」の特徴

1.国際的な各種フレームワークを参考にした独自の診断指標
国際的なフレームワークやガイドラインを参考にした、ユニアデックス独自の診断指標により、セキュリティ対策状況を評価。診断基準は、目標とすべきレベルを企業のセキュリティ重要度に応じて3段階に定義し、セキュリティ診断項目は、ITインフラを構成する要素を「構成」「管理」「運用」の観点から13項目に分類し、診断報告書とともに必要な対策を提示する。

2.簡単な診断方法
Webから申し込んだ後、現状把握するための54項目の質問にYES/NOで回答するだけで、診断指標に沿った診断結果からレベルに応じた必要な対策が明らかになる。

3.セキュリティのあるべき姿を提示する報告書
報告書は「セキュリティー診断結果」「目標レベルに応じた推奨セキュリティー環境構成図」「目標とすべき対策」を提示。また、ゼロトラストをベースとした各種推奨ソリューションをあわせて記述する。
 

関連リンク

プレスリリース