SecurityInsight | セキュリティインサイト

キヤノンMJ、大企業向けXDRソリューション「ESET PROTECT MDR」を提供開始

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は5月11日、法人向けエンドポイントセキュリティ「ESET PROTECTソリューション」の最上位ラインアップとして、大企業向けの「ESET PROTECT MDR」を8月下旬に提供開始することを発表した。

XDRソリューション「ESET PROTECT MDR」は、予防・検知・対応を行う“ESET PROTECT Enterprise”と、専任のセキュリティエンジニアにより運用・支援を行う“セキュリティサービス”で構成。

サイバー攻撃への防御(予防)から、万が一企業のシステム内に侵入を許した際、脅威の検知と封じ込めなどの事後対応までを行なう。加えて、サービスの導入から日々の運用、有事の際の対応サポートまで一括して提供する。


■「ESET PROTECT MDR」の主な特徴

・脅威の予防・検知・対応を行なう“ESET PROTECT Enterprise”
予防対策として、クラウドサンドボックスやエンドポイント保護など、ESETの多層防御機構を用いてマルウェアなどの脅威から迅速かつ精度高く端末を防御。事後対応として、XDRを用いて組織内のログデータを収集し、脅威の検知・可視化をすることで、セキュリティ管理者が状況を確認し、速やかに対処できるよう支援する。

・運用・支援を行なう“セキュリティサービス”
ESET社およびキヤノンMJグループの専任担当により、XDR導入時のチューニングや日々の脅威モニタリングなどを行なう“MDRサービス”と、専任のサポートスペシャリストにより、ユーザーの環境に合わせた設定や更新、トラブル対応やアドバイスを行なう“プレミアムサポートサービス”を、24時間365日体制で提供する。
 

関連リンク

プレスリリース