SecurityInsight | セキュリティインサイト

IDC Japan、最新の国内情報セキュリティ市場予測を発表

IDC Japanは5月26日、最新の国内情報セキュリティ市場予測を発表した。その概要は以下のとおり。

2021年の情報セキュリティ製品市場は、前年比16.0%増の4360億1500万円に、国内セキュリティソフトウェア市場は前年比17.2%増の3703億5000万円(売上額ベース)になったとIDCでは推定している。

このうち国内セキュリティソフトウェア市場は、2021年~2026年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.6%、2026年には4637億3900万円に拡大すると予測している。

2021年の国内セキュリティアプライアンス市場は、前年比9.5%増、656億6600万円(売上額ベース)になったとIDCでは推定。この年の同市場は、VPN機器の成長が減速したものの、「Emotet」の活動再開による電子メールを経由したセキュリティ被害が2021年後半に再拡大しており、メッセージングセキュリティを含むコンテンツセキュリティ関連市場への需要が拡大した。

このため同年の同市場は堅調に成長したが、セキュリティ投資はオンプレミスからクラウド環境へのセキュリティ対策に向けられると考えられ、国内セキュリティアプライアンス市場の2021年~2026年におけるCAGRは0.7%で、2026年には680億600万円になると予測している。

一方でセキュリティサービス市場は、前年比6.9%増の2963億2500万円(支出額ベース)になったと推定。同市場はクラウド環境に対するセキュリティコンサルティングサービスやセキュリティシステム運用管理サービスへの需要が高まるとIDCではみており、2021年~2026年のCAGRは3.1%で推移し、2026年には3445億9800万円に拡大すると予測している。
 

関連リンク

プレスリリース