カスペルスキー、法人向けWindows用セキュリティ製品の機能拡張版を販売開始

カスペルスキーは12月17日、法人向けWindows用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Windows」の機能拡張版(バージョン10.2.4.674)を販売開始すると発表した。

NEC、高いセキュリティ機能を備えた統合型メールソフトウェアを発売

NECは12月17日、高度なセキュリティが求められる中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を販売すると発表した。

カスペルスキー、法人向けエンドポイントセキュリティの統合プラットフォームの最上位製品を販売開始

カスペルスキーは12月17日、法人向けエンドポイントセキュリティの統合プラットフォーム「Kaspersky Endpoint Security for Business」の最上位製品である「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」を販売開始すると発表した。

NTT、盗聴不可能な量子暗号の通信距離を2倍にする新方式を提唱

日本電信電話(NTT)の研究チームは12月16日、物理法則により、究極的な安全性を保障する量子暗号の通信距離を、「量子中継」を用いずに光デバイスのみで通信速度を落とすことなく2倍にする新方式「全光都市間量子暗号」についての提唱を発表した。

トレンドマイクロ、情報のセキュリティ意識調査の結果を発表。マイナンバーのセキュリティを9割以上の個人ユーザーが不安視

トレンドマイクロは12月16日、日本国内の個人ユーザー1,035名を対象に「個人に関する情報のセキュリティ」に関する意識や実態について行なったWebアンケート調査の結果を発表した。

エムオーテックス、Dropboxと協業し、「LanScope Cat」最新バージョンで企業の個人情報や機密情報などの漏洩対策強化

エムオーテックスは12月16日、Dropbox Japanとの協業を発表した。

松尾商店、ユーザーの操作画面を画像で記録する証跡管理機能をクラウドサービスとして提供する「Ekran on Azure」販売開始

松尾商店は12月14日、ハンガリーのCloud Labs KFT社が開発した「Ekran System」を日本マイクロソフトのMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして提供する、「Ekran on Azure」の販売を開始すると発表した。

トランスコスモス、取引通知などの重要なメールを安全、確実に配信するリレーメール製品の提供を開始

トランスコスモスは12月16日、メールマーケティングソリューション「ClickM@iler」の製品ラインナップに、ATM利用や株約定などの取引発生時に配信する通知メールを安全かつ確実に届けるリレーメール製品「ClickM@iler Relay」を追加し、オンプレミス版/プライベートクラウド版で提供すると発表した。

さくらインターネットとテックビューロ、ブロックチェーンの実証実験環境を金融機関やITエンジニア向けに無料提供

さくらインターネットとテックビューロは12月16日、さくらインターネットが運営する「さくらのクラウド」上にて、テックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijinクラウドチェーン」の実証実験環境「mijinクラウドチェーンβ」を、来年1月から無料で提供すると発表した。

警察庁、Linuxが組み込まれたIoT機器を標的とした攻撃を観測、機器の情報確認をと注意喚起

警察庁は12月15日、インターネットに接続されたデジタルビデオレコーダー等のLinuxが組み込まれたIoT機器を標的とした攻撃を観測し、この攻撃を受けた機器が攻撃者の命令に基づいて動作する「ボット」になる事例を確認したとして、現在利用している機器について、最新のセキュリティ情報を確認するよう注意喚起した。

IPA、Internet Explorerのサポートポリシー変更により、バージョンアップが急務と注意喚起

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は12月15日、2016年1月12日(米国時間)を過ぎるとMicrosoft社のウェブブラウザー「Internet Explorer」のサポートポリシーが変更されることから、一般利用者や組織のシステム担当者らに対し、最新版へのバージョンアップ実施を促すため、注意喚起した。

KDDI、「KDDIファイルストレージ」のセキュリティ機能を強化

KDDIは12月14日、法人ユーザー向けファイルストレージサービス「KDDIファイルストレージ」において、アクセス方法やアクセスする端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)の制限などを可能とする、セキュリティ機能の強化を行なうと発表した。

ファイア・アイ、検出が困難で危険なブートキットによりカード決済情報を狙う脅威グループを確認

ファイア・アイの一部門であるマンディアント・コンサルティングは12月10日、OS起動前に実行される高度なマルウェアを使用してカード決済情報を狙う、金銭目的の脅威グループを今年9月に確認したことを発表した。

トレンドマイクロ、2016年の脅威動向を予測したレポートを公開。「ネット恐喝」に多くの個人・企業ユーザーが直面すると予測

トレンドマイクロは12月10日、2016年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2016年セキュリティ脅威予測」を公開した。

NEC、AIを活用して未知のサイバー攻撃を自動検知する「自己学習型システム異常検知技術」を開発

NECは12月10日、人工知能(AI)技術を活用し、社会インフラや企業システム等に対する未知のサイバー攻撃を自動検知する「自己学習型システム異常検知技術」を開発したと発表した。

システナ、統合監視ソフトウェアのZabbix社と認定パートナー契約を締結

システナは、ラトビア共和国のZabbix社と12月10日に認定パートナー契約を締結したことを発表した。

ウィンマジック、クラウドファイルの安全な共有と同期を可能にするSecureDoc CloudSyncを提供開始

ウィンマジック・ジャパンは12月10日、Windows、Mac、iOSおよびAndroidをはじめとする幅広いエンタープライズプラットフォームをサポートするさまざまなEFSSサービス(企業向けのクラウドファイル共有/同期サービス)に企業データが同期される前に、エンドポイントでそれらのファイルを暗号化する新しいセキュリティソフトウェア「SecureDoc CloudSync」を提供開始したことを発表した。

デジタルアーツ、グルージェント、サイバートラストが、企業向けクラウドの利便性向上とセキュリティ対策で連携

デジタルアーツ、グルージェント、サイバートラストの3社は12月10日、企業のクラウドサービス利活用における利便性向上とセキュリティ対策が実現できるソリューションを12月10日より共同展開すると発表した。

ジャパンシステム、エンドポイントの検知・可視化・コントロールを15秒で実現する脅威検索プラットフォームの販売を開始

ジャパンシステムは12月10日、「エンドポイントの検知・可視化・コントロールを15秒で実現する」脅威検索プラットフォーム「Tanium(タニウム)」の販売を開始すると発表した。

ジュニパーネットワークス、クラウド対応エンタープライズ・ネットワークを保護する最新ファイアウォールなどを発表

ジュニパーネットワークスは12月9日、新たに発表したアーキテクチャ「Juniper Networks Unite」の一部として、クラウドからのゼロデイ脅威を防御する高度なアンチマルウェア、再設計されたセキュリティ管理、最新ファイアウォールを、エンタープライズ・キャンパスおよびブランチ・ネットワーク向けに発表した。

富士キメラ総研、法人向けネットワークセキュリティサービス/製品の国内市場についての調査結果を発表

富士キメラ総研は12月9日、法人向けのネットワークセキュリティサービスとネットワークセキュリティ製品の国内市場についての調査結果を発表した。

大塚商会、インターネットとの不正な通信を検知して自動で遮断するセキュリティアプライアンスを販売開始

大塚商会は12月9日、インターネットとの不正な通信を検知して自動で遮断するアプライアンス製品「Cyber Cleaner LE」を発売すると発表した。

ソフォス、ネットワークとエンドポイントのセキュリティを自動連係する次世代ファイアウォール/UTM製品を販売開始

ソフォスは12月9日、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが自動連係する機能を搭載した新しい次世代ファイアウォール/UTM(統合脅威管理)製品群「Sophos XG Firewall」を販売開始すると発表した。

テリロジー、米RedSealと国内ディストリビューター契約を締結、設定ミスによるエラーを自動検知し、不正アクセス経路を可視化

テリロジーは12月9日、米RedSeal社との国内での販売代理店契約を締結し、ルーターやスイッチなどのネットワーク機器の設定ミスを自動検知し、アクセス経路を可視化するソフトウェア製品「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」の販売を12月14日から開始すると発表した。

カスペルスキー、法人向けMac用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Mac」の新バージョンを提供開始

カスペルスキーは12月9日、法人向けMac用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Mac」の新バージョン10を提供開始すると発表した。

ラック、ネットエージェント社と連携して不正通信解析技術を活用したサービスを発表

ラックは12月8日、同社子会社であるネットエージェントが販売している通信内容記録装置「PacketBlackHole」の利用者に向け、ラックの不正通信解析技術を駆使した「PBH_マルウェア通信チェックサービス」の提供を開始すると発表した。

デジタルアーツ、シングルサインオン機能を搭載したゲートウェイ型メールセキュリティ製品を来年1月下旬に提供開始

デジタルアーツは12月8日、企業・官公庁・自治体向けのゲートウェイ型メールセキュリティ製品「m-FILTER」Ver.4.5を来年1月下旬より提供開始すると発表した。

産業技術総合研究所、「ICの指紋」を3倍以上の安定性で発生させる素子や回路を開発

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)のナノエレクトロニクス研究部門は12月7日、半導体ICチップの偽造を防ぐ「ICの指紋」を低コスト、高信頼性、コンパクトに実現できる素子とそれを用いた回路技術を開発したと発表した。

IDC Japan、国内x86サーバー保守に関する調査結果を発表

IDC Japanは12月8日、x86サーバーの保守に関するユーザー調査結果を発表した。

キヤノンITS、インターネットバンキングの不正送金対策機能を強化したセキュリティ対策ソフトの新バージョンプログラムを提供開始

キヤノンITソリューションズは12月8日、インターネットバンキングの不正送金対策機能を強化した「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の個人/SOHO向け新バージョンプログラムの提供を2016年2月から開始すると発表した。