富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、中小企業に向けクラウド型Webセキュリティサービスを販売開始

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは9月15日、国内外に複数拠点を持つ企業をはじめ、小人数での利用が想定される中小企業に向けのクラウド型Webセキュリティサービス「Blue Coat クラウドサービス」を販売開始すると発表した。

ファイア・アイ、富士通とパートナー契約を締結し、標的型攻撃対策製品の拡販協業を開始

ファイア・アイは9月15日、富士通とファイア・アイが持つ高度なセキュリティ製品の拡販協業に合意し、ファイア・アイの再販パートナー契約を締結し、富士通の取り扱い製品としてラインナップされたことを発表した。

キヤノンITソリューションズ、マイナンバー制度、標的型攻撃対策に有効なデータ暗号化ソフトの法人向けライセンス製品を販売開始

キヤノンITソリューションズは9月15日、マイナンバー制度への対応や標的型攻撃に対する情報漏洩対策の需要の高まりを受け、データ暗号化ソフト「DESlock Plus Pro」のライセンス製品を販売開始すると発表した。

イーセクター、マイナンバー セキュリティ ソリューションの標的型攻撃対策として「FFR yarai」を販売開始

イーセクターは9月15日、イーセクターが取り扱う50種類以上のマイナンバーセキュリティソリューションに、FFRIが開発した、エンドポイント型標的型攻撃対策分野にて出荷金額・本数No.1である「FFR yarai」を追加し、提供を開始すると発表した。

日立ソリューションズ、情報漏洩防止ソリューション「秘文」とマルウェア対策製品「FireEye」を連携

日立ソリューションズは9月14日、標的型攻撃対策として、ネットワーク接続やファイルの持ち出しを制御する「秘文 Device Control」と、ファイア・アイのマルウェア対策製品「FireEye NX」を連携し、マルウェア感染端末の自動隔離による感染拡大の防止ソリューションを9月15日から提供開始することを発表した。

NEC、甲州市からマイナンバーを扱う端末向け顔認証システムを受注

NECは9月14日、山梨県甲州市から、マイナンバー制度を扱うすべての住民基本台帳システム端末約160台のセキュリティ強化に向けて、顔認証セキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor V2」を受注したことを発表した。

サイバーセキュリティ戦略本部、厚生労働大臣に対してサイバーセキュリティ基本法第27条第3項に基づく勧告を行なう

内閣官房のサイバーセキュリティ戦略本部長は9月11日、厚生労働大臣に対して、サイバーセキュリティ基本法第27条第3項に基づく勧告を行なった。

パナソニック、IoT/M2M向けサイバーセキュリティ対策基盤を提供

パナソニックは9月14日、「ハッキング」や「なりすまし」などの「サイバー攻撃」から低リソース環境のIoT/M2Mデバイスを守るため、従来実装が困難とされてきたパソコン並のセキュリティを実現できる暗号・認証モジュールを開発したと発表した。

IPA、自動車や家電など製品のセーフティ設計・セキュリティ設計に関する実態調査の結果を公開

IPA技術本部ソフトウェア高信頼化センターは9月10日、自動車、スマートフォン、ヘルスケア、スマート家電の4分野を主な対象に、セーフティ設計・セキュリティ設計に関する実態調査を実施し、調査結果を公開した。

NECマネジメントパートナー、「構築SDNによるサイバー攻撃自動防御ソリューション」のトレーニングを提供開始

NECマネジメントパートナーは9月10日、技術者向けの「構築SDNによるサイバー攻撃自動防御ソリューション」トレーニングを10月13日から提供開始すると発表した。同時に、販売店向けに同ソリューションの販売強化を目的としたeトレーニング「SDN提案力強化セミナー~サイバー攻撃自動防御ソリューション編~」も10月13日から提供開始する。

NTT Com、「NTT Com API Gateway」に、APIへのアクセスをコントロールできる権限管理機能を提供

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9月10日、「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」(以下NTT Com API Gateway)に、ユーザー社内のIT管理者がより安全かつ柔軟にAPIへのアクセスをコントロールできる権限管理機能を追加し、9月10日より提供を開始すると発表した。

トレンドマイクロ、ネットバンキングを狙う新たなマルウェアスパム「ご注文の確認」を確認

トレンドマイクロは9月9日、同社の「セキュリティブログ」において、2014年12月以降、有名ネット通販サイトからのメールを偽装し、オンライン銀行詐欺ツール「WERDLOD」を拡散しようとするマルウェアスパムが観測されていると発表した。

NTTPCとNTT西日本、企業向け「セキュアインターネット接続プラン」を提供開始

TTPCコミュニケーションズとNTT西日本は9月9日、NTT西日本の「フレッツ・VPNワイド」を利用するユーザーがインターネット接続と統合的なクラウド型のセキュリティ機能を併せて利用できる「セキュアインターネット接続プラン」を9月10日から提供開始すると発表した。

サイトロック、アマゾン ウェブ サービス監査レポートサービスの提供を開始

サイトロックは9月10日、アマゾン・ウェブ・サービス(以下AWS)のセキュリティ監査に関するレポートをテンプレート化し、自動生成するレポートサービス「Report Service for AWS」の提供を開始すると発表した。

ハンモック、マイナンバーのセキュリティ対策に多数の導入実績がある「AssetView」の新製品を発表

ハンモックは9月10日、「AssetView」の新製品として、業務アプリケーションやシステムへのID情報を取得する「AssetView ID」とアクセス権の監査を行なうための「AssetView ACL」を販売開始すると発表した。

フォーティネット、アクセスポイント製品ファミリーに5機種の新モデルを追加

フォーティネットは9月9日、企業の無線LANに堅牢なセキュリティを提供するフォーティネットのセキュア無線LANソリューションに、屋内用アクセスポイント「FortiAP-223C」および「FortiAP-321C」、屋外用アクセスポイント「FortiAP-112D」とリモートアクセスポイント「FortiAP-21D」および「FortiAP-25D」を新たに製品ラインナップに追加し、日本での出荷を開始したことを発表した。

EMCジャパン、標的型サイバー攻撃対策に不可欠なITインフラの可視性を、エンドポイントからクラウドまで拡張

EMCジャパンは9月9日、標的型サイバー攻撃対策ソリューション「RSA Advanced SOCソリューション」を機能強化し、ITインフラの可視性をエンドポイントからクラウドまで拡張したと発表した。

IDC Japan、国内プライベートクラウド市場予測を発表

IDC Japanは9月9日、国内プライベートクラウド市場予測を発表した。これによると、2014年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比42.4%増の6,196億円となったという。

日立ソリューションズ、マイナンバーを暗号化したまま検索から保管、利用が可能なシステムを提供開始

日立ソリューションズは9月8日、2016年1月のマイナンバー制度の施行に向け、企業が実施すべき安全管理措置(特定個人情報としての厳格な管理)に適した「マイナンバーセキュア管理システム」を10月1日から販売開始すると発表した。

キヤノンITソリューションズ、マイナンバーの情報漏洩対策機能を強化した「GUARDIANWALL」次期バージョンの先行評価版を無償で提供

キヤノンITソリューションズは9月7日、マイナンバー情報が含まれる外部送信を検知してブロックするなど、情報漏洩対策機能を強化したGUARDIANWALL次期バージョンの先行評価版を10月上旬から無償で提供開始すると発表した。

リコー、サーバーの脆弱性に対応したクラウド型セキュリティ対策サービスを新発売

リコーは9月7日、ITサービス総合メニュー「ITKeeper」に加わる新サービスとして、サーバーの脆弱性対策と多様化するサーバー環境(物理・仮想化・クラウド)に対応したクラウド型のセキュリティ対策サービス「クラウドサービス for サーバーセキュリティ」を発売すると発表した。

損害保険ジャパン日本興亜、「サイバー保険」を販売開始

損害保険ジャパン日本興亜は9月4日、サイバー攻撃に関するリスクを包括的に補償する新商品「サイバー保険」を10月1日以降、保険始期契約から販売すると発表した。

日本IBM、最新の脅威動向「Tokyo SOCレポート」と「IBM X-Forceレポート」を発表

日本IBMは9月4日、東京を含む全世界10拠点のIBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて、2015年上半期(1〜6月)に観測したセキュリティ・イベント情報に基づき、主として国内の企業環境で観測された脅威動向をまとめた「2015年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

トレンドマイクロ、「Deep Discovery Inspector」をソニー銀行が社内システムに採用

トレンドマイクロは9月4日、ソニー銀行の社内システムに、トレンドマイクロが提供するネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector(以下DDI)」がセキュリティ対策製品として採用されたことを発表した。

NEC、顔検出/顔照合ソフトウェア開発キット「NeoFace」を強化

NECは9月4日、顔検出/顔照合ソフトウェア開発キット「NeoFace」に米国標準技術研究所による顔認証技術ベンチマークテストで第1位を獲得した世界最高レベルの顔認証アルゴリズムを搭載し、新バージョンとして販売を開始したと発表した。

日本通信、世界初のモバイル・セキュリティ新技術の提供を開始

日本通信は9月3日、スマートフォンやタブレット等のモバイル・デバイスのサイバーセキュリティ対策ソリューションとして世界初となる「モバイルIDS(Intrusion Detection System:侵入検知システム)」を発表した。

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険、サイバーリスクを補償する新商品を販売開始

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は9月2日、サイバー攻撃によるリスクを総合的に補償する保険を共同開発し、販売を開始したことを発表した。

UBIC、メール監査による情報漏洩対策ソリューションの販売を開始

UBICは9月2日、Eメール自動監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」と、デジタルアーツのメールセキュリティ「m-FILTER」を連携したメール監査による情報漏洩対策ソリューションを、9月16日よりデジタルアーツを通じて販売開始することを発表した。

日本ラッド、次世代ネットワーク可視化・監視システム「NIRVANA-R」の第一弾をリリース

日本ラッドは9月1日、情報通信研究機構(NICT)がオリジナルを開発した次世代ネットワーク可視化・監視システム「NIRVANA」の大幅な改修開発を行ない、新シリーズ「NIRVANA-R」として第一弾をリリースしたことを発表した。

パロアルト、マイナンバー制度のセキュリティ対策としてサンドボックスサービスを地方公共団体向けに提供

パロアルトネットワークスは9月1日、地方公共団体を相互に接続する「総合行政ネットワーク」(LGWAN)に接続する端末およびネットワークを、標的型攻撃などのサイバー攻撃から保護する脅威分析クラウドサービス「ASP型サンドボックスサービス」を提供開始することを発表した。