JIPDECとITR、「企業IT利活用動向調査2015」の速報結果を発表

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とアイ・ティ・アール(ITR)は3月24日、国内企業698社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2015」の一部結果を速報として発表した。

日本IBMとNTTデータ、キリングループ国内約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境に移行

日本IBMは3月23日、NTTデータと協業にて、国内綜合飲料事業を担うキリングループの約14,000台のPCについて、仮想デスクトップ環境によるシンクライアントへの移行を進め、2014年9月にすべてのPCの刷新を完了し、運用を開始したと発表した。

キヤノンS&S、マイナンバー制度に対応した中小企業向けセキュリティ対策ソリューションを提供開始

キヤノンシステムアンドサポート(以下キヤノンS&S)は3月23日、マイナンバー制度に対応した中小企業向けセキュリティ対策ソリューションを同日より提供開始すると発表した。

富士通マーケティングと富士通SSL、情報セキュリティ相互外部監査サービスを提供開始

富士通マーケティングと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは3月20日、東京都西多摩地域の4市(昭島市様、福生市様、羽村市様、あきる野市様)において、情報セキュリティ対策の強化・徹底を実現する「情報セキュリティ相互外部監査」(以下:相互監査)の支援を行ない、4市と共同で相互監査スキームを構築したと発表した。

日本IBM、ハイブリッド・クラウド構築を支援する「OpenStack構築支援サービス」を発表

日本IBMは3月20日、企業内のプライベート・クラウドとパブリック・クラウドを連携させるハイブリッド・クラウドの構築を支援するため、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアOpenStackを活用して業務アプリケーションやデータの統合管理と可搬性(ポータビリティ)を実現する「OpenStack構築支援サービス」を発表した

日立公共システム、茨城県行政情報システムでBCPとセキュリティを強化

日立公共システムは3月17日、茨城県における今後の庁内行政情報システムのIT基盤として「クラウド型仮想基盤」を構築し、3月2日から本格的に稼働したと発表した。これにより茨城県は、BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とセキュリティの強化を実現する。

ユニアデックス、次世代ファイアーウォールのセキュリティー運用監視サービスを提供開始

ユニアデックスは3月19日、パロアルトネットワークスの次世代ファイアーウォール製品に関する「セキュリティー運用監視サービス」の提供を同日より開始すると発表した。

総務省、公衆無線LAN利用に関する情報セキュリティ意識調査結果を発表

総務省は3月16日、訪日外国人及び日本人における公衆無線LANの利用状況や情報セキュリティ意識等について調査した結果を発表した。

矢野経済研究所、情報システム子会社の市場規模に関する調査結果を発表

矢野経済研究所は3月18日、同研究所が行なった国内の情報システム子会社市場の調査結果を発表した。

カスペルスキー、サイバー脅威から重要インフラを守るゲーム形式の対サイバー攻撃演習を提供

カスペルスキーは3月17日、サイバー攻撃による重要インフラへの影響をゲーム形式で体験しながら、システムの運用上のリスクや投資に見合った有効な対策を学習できる対サイバー攻撃演習「Kaspersky Industrial Protection Simulation」(以下KIPS)の本格提供を3月20日より開始すると発表した。

エレコム、法人向け無線アクセスポイントに対応した管理ツールを発売

エレコムは3月17日、法人向け無線アクセスポイント用の管理ツール“WAB-MAT for Windows”を3月下旬より新発売すると発表した。

NEC、サイバーインテリジェンスを強化、米Norse社と提携

NECとインフォセックは3月16日、サイバー攻撃情報サービス会社のNorse Corporationと提携し、サイバーセキュリティ事業においてサイバーインテリジェンスを強化すると発表した。

LINE、脆弱性の修正を完了、最新版への更新を呼びかけ

LINEは3月16日、一部の利用環境におけるLINEの脆弱性に関して、該当部分の修正が完了したことを発表した。これは、JPCERTコーディネーションセンターおよび情報処理推進機構からLINEの脆弱性に関する報告があり、それに対応したもの。

IPA、公式サポートが終了するJava SE 7の利用者に注意喚起

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月11日、今年4月30日に公式サポートが終了するオラクルコーポレーションの「Java SE 7」の利用者に対し、迅速なバージョンアップ実施を呼びかけるため、注意喚起を発した。公式サポートが終了すると、新たな脆弱性が発見されても、アップデートが提供されなくなる。

NTTコム、米大手サイバーセキュリティ企業と協業し、エンドポイントにおけるリアルタイムマルウェア検知を実現

NTTコミュニケーションズは3月12日、米大手サイバーセキュリティ企業FireEyeと協業し、未知のマルウェアを検出する「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知(RTMD)」の対応範囲をエンドポイントにまで拡大し、今年度第1四半期より提供開始すると発表した。

大塚商会、中堅中小企業向けデータ保護・災害対策ソリューションを開始

大塚商会は3月12日、企業の事業継続対策等を目的とした中堅中小企業向けのデータ保護・災害対策(DR)ソリューションを3月16日から開始すると発表した。

日本マイクロソフト、ベネッセの情報セキュリティ対策強化と生産性向上で協力

日本マイクロソフトは3月12日、ベネッセホールディングスおよびベネッセグループ(以下ベネッセ)が展開する、全社の情報セキュリティ対策強化と今後の事業成長に向けて、ITパートナーとして協力していくことを発表した。

VECとNTTコミュニケーションズ、製造現場とクラウドをつなげた高セキュリティ実証実験プロジェクトを開始

Virtual Engineering Community(VEC)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、3月9日、工場・電力プラント・ビルなどの生産性向上や保全業務効率化をセキュアに実現できる環境「Industry4.1J」を目指し、監視システムの運用にあたって発生する現場とクラウド間の通信頻度・速度・量が現在設置されているネットワーク機器で実際に対応できるのかなど、生産現場の効率化に必要な各種の技術要件を確認する実証実験プロジェクトを、3月10日から開始すると発表した。

日本IBM、企業内外で安全に情報共有できるSNS型オンライン・ストレージを販売開始

日本IBMは3月10日、クラウド・サービス「IBMR Connections Cloud」の新たなラインアップとして、オンライン・ストレージ・サービスの機能を単独で提供する「IBM Connections Files Cloud」を同日より販売開始すると発表した。

ニフティクラウドがトレンドマイクロと連携し、サーバー向けクラウド型セキュリティサービスを提供開始

ニフティは、トレンドマイクロと連携し、同社が提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」のソリューションサービスとして、サーバー向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」の提供を3月5日から開始すると発表した。

日本ラドウェア、クラウド型DDoS対策サービスの国内提供を開始

日本ラドウェアは3月6日、クラウド型DDoS攻撃対策サービス「DefensePipe」の提供を開始した。

戸田建設、ソリトンのBYODシステムを採用

戸田建設は、私物のスマートフォン、タブレット、PCを活用したBYOD(Bring Your Own Device)システムを導入した。ソリトンシステムズの「Soliton SecureBrowser / Soliton SecureGateway(以下、SSB/SSG)」と、オールインワン認証アプライアンス「NetAttest EPS」を採用した。ソリトンが3月4日発表した。

パソナグループ、「秘文AE AccessPoint Control」導入

パソナグループは無線LAN環境に必要なPCのセキュリティ対策として、日立ソリューションズが提供する「秘文AE AccessPoint Control(以下、秘文AE APC)」を導入した。日立ソリューションズが3月4日に発表した。

NTTソフトウェア、USBメモリの煩雑な利用管理を効率化しながら情報漏洩を防ぐ「Crossway/データブリッジ」の予約受付について発表

NTTソフトウェアは11月27日、異なるネットワーク間の端末どうしでも安全にデータの受け渡しを実現する「Crossway/データブリッジ」の予約受付を12月15日より開始すると発表した。

日立ソリューションズ、vArmourNetworksのファイアウォール技術をベースとしたセキュリティプラットフォーム製品の販売予定を発表

日立ソリューションズは11月26日、データセンターセキュリティ企業のvArmour Networks(ヴイアーマーネットワークス)と、日本国内における販売代理店契約を締結したと発表した。vArmourNetworksのファイアウォール技術をベースとしたセキュリティプラットフォーム製品を12月25日から販売する予定。

CSEとクロスポイントソリューション、ユニアデックス、CSEのワンタイムパスワード「SECUREMATRIX(セキュアマトリクス)」の中国提供において協業

CSEとクロスポイントソリューション、ユニアデックスは11月26日、CSEが開発したワンタイムパスワード「SECUREMATRIX(セキュアマトリクス)」を中国へ提供する上で協業すると発表した。

パロアルト、セキュリティプラットフォーム向けOSの新版「PAN-OS 6.1」を国内向けに提供開始

パロアルトネットワークスは11月21日、同社の次世代エンタープライズセキュリティプラットフォーム向け最新OS「PAN-OS 6.1」を国内向けに提供開始した。

東芝、独自開発のBIOSにより強固な情報漏洩対策を実現するデスクトップ仮想化サービス(VDI)対応シンクライアント「TZCS」の受注開始

東芝は11月20日、企業向けのソリューションとして、デスクトップ仮想化サービス(VDI)対応シンクライアント「TZCS」を商品化し、受注を開始する。

NRIセキュア、400種類以上の情報システム機器に対応した「セキュリティログ監視サービス」を提供

NRIセキュアテクノロジーズは11月19日、企業の情報システム機器が出力するログ情報を独自の技術で分析し、迅速にセキュリティインシデントを見つけ出す「セキュリティログ監視サービス」の提供を2015年1月に開始すると発表した。

日本マイクロソフト、Kerberosの脆弱性に対処する月例外の更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは11月19日、ドメインユーザーアカウントの権限の昇格により、他のドメインユーザーや管理者権限を取得されるおそれがあるKerberosの脆弱性に対して、緊急に更新プログラムを適用するように呼びかけた。